スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月15日 USD/JPY

7月14日のUSD/JPYは下方向を試しつつも106.00~の
サポートに支えられて106.00~106.30の幅で収束して
引けた形になりました。

下方向を試した原因はダウの下落、それも住宅ローン
関連の数社の急落や破綻によるものだという事が事態の
深刻さを物語っているように見えます。

7月15日はゴトー日にも関わらず、一時的な上昇すら厳しい
空気の重さを感じるので、この空気の中で106円を下抜け
した時、どう上手く立ち回れるか、がポイントですね。

チャートで見るとコンナカンジ↓
0715.jpg

今日は大きめの指標も目白押しなので、どちらかに方向感
が出る可能性も高いと思います。
0715カレンダー


色々な情報を汲み取るとドル円、やはり下方向が強いのでは?
とは思うのですが、基本的に逆張り派なので、これだけ周りが
下を見ていると、上もアリかも?とか考えてしまいますね。

下をしっかりと見つつも、指標前後の動きを見て機敏に対応して
いかねば、と思ってます。こういう時にサプライズ系指標が出ると
一時的なインパクトは割と大きいと思うんですよね。
21:30と23:00、特に23:00のバーナンキさん発言は注目してます。
krsnaデシタ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。