スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルで効果的な投資思考を築く為に

04222003


今日はものすごくシンプルな、でも大切な思考(だと僕が思っている)
考え方を紹介します。上のチャートは20時の15分足USD/JPYチャート。
(チャートは何でもいいです・・・)

左の白い点線が東京時間の6時で、まあ典型的なレンジ相場で、
上下に長いヒゲが多い、チョッピーな相場です。

そして、水色の線が103円という大きな節目です。

テクニカル指標でも節目となるレートはたくさん出てくるんですが、
とりあえず今回はこの、誰もが意識する大台になるレートを使った
エントリーを紹介しようかな、と。

実際、僕はこの大台を跨いだトレードだけでカナリ高勝率で
トレードを行っていました。シグナルやテクニカル分析より
心理的なオーダーの偏りを使う方が、なんかこう、安心感が
あって張りやすいんですよね・・・

というのも、人ってオーダーを指値で入れる時、こういう区切りの
良い数値を指定する事が本当~に多いのです。

103円までいったら損切りしよう、103円まで行ったら利益確定しよう
103円までいったら買い指値を入れよう、などなど、こういう区切りの
良い数字の前後にはオーダーが固まるんです。

んで、後はものすごくシンプルな話で、偏って存在するオーダーを
生かして効率の良いシナリオを描くだけ。


例えば、

節目で利益確定する人が多いと、反発する可能性が高いから
大台に買いオーダーを入れて反発で利益確定を狙おう、

であったり。

節目を跨ぐ時は力強い動きになるから、跨いだ少し先には
ストップを入れておこう、

などなど。この辺りのシナリオの作り方は人それぞれですね。

オーダーが固まっている事がわかってるから確実に約定する為
少し手前に置く人も想像できるし、まー色々。

突き詰めると、人vs人のメンタル勝負はこの節目を跨ぐ時の
心理戦と、どこに節目を想定するかという共通指標を学ぶ事に
つきるんじゃないかと。って言いすぎかも?(笑


ただ、上がるor下がるの予想ではなく、人の動きを考えて
勝ち易い場に参加していく意識でFXを行うのって結構新鮮です。
少なくとも僕には新鮮でした。
その時から、ギャンブルではなく投資としてFXを感じられる様に
なった気もしています。

ちょっと長い日記になりましたが・・・
投資をギャンブルにしないために。krsnaデシタ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。