スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプ演説を見て思った事。

2017-01-12_035909.jpg


Facebookの方にも書いたけど、備忘もかねてこちらにも。


トランプさんの演説、想像通りと言えば想像通り、酷い内容でした。

明日以降はいろんなメディアで訳やニュースも出てくると思いますが、
まあああいう人格面でのリスクはある意味、解っていた事なわけで。

相場は演説後、とりあえず失望売りで114円の20台まで下げました。
115円割ってくると面白いなと思っていたので、とりあえず個人的に
良い展開。


ただ、115円の下は買いも厚く、テクニカル的には買い支えたいが
ファンダメンタル:トランプリスク的にはちょっと売りたい、というせめぎ
合いで少し揉みそうな。

この115円近辺のレンジをどちらに明確にブレイクするのかで
今週クローズまでの方向感は出そうです。


個人的見解として、ここ1~2ヵ月さもトランプさんが特に穴もない
優秀なビジネスマンかのように評価を高めていた層は、今回の件で
「あぁ、やっぱりトランプはトランプだった」と気づいたのではないかと。

逆に、それをこれだけもてはやしていた感覚の方が僕はちょっと
不思議なわけで。

こういう人であったのは既にわかっていた事で、人格的リスクも
織り込んだ上で、暫くはチャート&テクニカル上の節目を意識して
動いた方が良い気がします。


というか、人格がどうだこうだ、ではなく純粋に

・やろうとしている施策はなんなのか

・それが実践できる人なのか

・実践したとしてマーケットへの影響&評価はどうなるのか

ここだけを純粋に吟味して見れるようありたいですね。

ぶっちゃけ、経営や政治のトップにプロレス的なショーや
人間性を期待しすぎるのはあまり好きではないので。


逆に、人格面やショー要素を過分に取り立てて
ころころ見方を変えるメディアやアナリストレポートには
余計なバイアスをかけられないよう、気をつけたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。