トランプ演説を見て思った事。

2017-01-12_035909.jpg


Facebookの方にも書いたけど、備忘もかねてこちらにも。


トランプさんの演説、想像通りと言えば想像通り、酷い内容でした。

明日以降はいろんなメディアで訳やニュースも出てくると思いますが、
まあああいう人格面でのリスクはある意味、解っていた事なわけで。

相場は演説後、とりあえず失望売りで114円の20台まで下げました。
115円割ってくると面白いなと思っていたので、とりあえず個人的に
良い展開。


ただ、115円の下は買いも厚く、テクニカル的には買い支えたいが
ファンダメンタル:トランプリスク的にはちょっと売りたい、というせめぎ
合いで少し揉みそうな。

この115円近辺のレンジをどちらに明確にブレイクするのかで
今週クローズまでの方向感は出そうです。


個人的見解として、ここ1~2ヵ月さもトランプさんが特に穴もない
優秀なビジネスマンかのように評価を高めていた層は、今回の件で
「あぁ、やっぱりトランプはトランプだった」と気づいたのではないかと。

逆に、それをこれだけもてはやしていた感覚の方が僕はちょっと
不思議なわけで。

こういう人であったのは既にわかっていた事で、人格的リスクも
織り込んだ上で、暫くはチャート&テクニカル上の節目を意識して
動いた方が良い気がします。


というか、人格がどうだこうだ、ではなく純粋に

・やろうとしている施策はなんなのか

・それが実践できる人なのか

・実践したとしてマーケットへの影響&評価はどうなるのか

ここだけを純粋に吟味して見れるようありたいですね。

ぶっちゃけ、経営や政治のトップにプロレス的なショーや
人間性を期待しすぎるのはあまり好きではないので。


逆に、人格面やショー要素を過分に取り立てて
ころころ見方を変えるメディアやアナリストレポートには
余計なバイアスをかけられないよう、気をつけたいですね。

スポンサーサイト

年末相場だけど、、、EUR/USD売ってます

2016-12-28_194820.jpg


うーん、相場系の情報はFacebookで書いてたけど
友達以外の人で見たいという人が割といらっしゃったので
ツイッターで書いてみてたけど、文字数少なくて書きにくい。。。

結局この放置ブログを再利用するか、と。


ツイッターとブログで連携するとどんなUXかとか意外と
ちゃんとやってきた事無かったから、勉強がてら。
しばらくテスト的に暇な時に書いてみます。

多分そのうち、ちゃんとした情報を配信する場所作ります。



あ、ただ、、、ここを見る機会がある人はここだけは
読んでおいて下さい。



自分はFXは長くやってきてますが、勝ちも負けもたくさん
経験してきてますし、「絶対勝つ」みたいな相場観とか手法
をもってると思ってません。

というか、個人投資家がそんなもん持ち合わせるのは無理
でしょ、と思ってます。


僕が考える、個人投資家がやれることは

・ベーシックな手法は一通り学ぶ
⇒他人の視点、考え方をざっくり知っておく。

・自分の性格や嗜好、弱さを知る

・自分を知った上で、自分向けに手法を最適化する

・上の3手順を経て、「勝てる自分なりのルール」を作る

・リスク範囲をしっかりコントロールして退場しないよう
 努める

⇒これにより試行回数をしっかり重ねて、ルールの正しさ
 で最終的に(良い取引、悪い取引もぜーんぶ纏めた上で)
 利益が出るように最適化&ルール改善をひたすら繰り返す。


こんなところかと思ってます。


勿論、自分なりの相場観、ファンダメンタル観は持ってますが
そういうのよりも、チャートの並べ方とか、こんな感覚でやってる
のか~、とかとか、複数通貨みてんのかー、とか、そういう空気
的なところを参考にしてもらえたらな、と。


それは恐らく、僕以外の誰かの最適手法にはならないと思います
が、それを構築していく手助けになったり、効率化・スピードUPに
繋がるかなーと思って書いてます。


相場からいくばくかの利益を出させて頂いている身として
何かしら、他の投資家の方にも読む価値のある情報を残して
いけたらと思ってます。



と、前置きながくなりましたが、28日の相場。
たいして中身多くありません(笑)



ユーロドル売ってます。

ドル円は正直読み辛い、個人的にはどこかで一度下げる場面
有るかな~と思ってるので、あまりドル円・クロス円は触らず。

ユーロドルは、ユーロポンド見ながら売ってます。

ユーロポンドは現在、0.8536近辺。

チャート出せる人は見てみて頂くと解ると思いますが
この辺りの水準、結構これまで上に抜けられない重要な節目
として機能してたりします。


ユロポンがこの辺りでCAPされると、ユロドルが下方向に
勢いつきやすくなるかな~、と。


ドル円上がると更に、とも思いますが、この辺りはちょっと微妙。


ユーロポンドの0.8536近辺
ユーロドルの1.0430近辺


この辺りの接地感は見ておくと良いと思います。



思いのほか反響があったので、、、

前回の記事をUPして、ツイートを少ししたりしていたら
思いのほか沢山の方から相談や御礼メッセージを頂いたので
少しだけ書き足します。

というか、このブログを読んでる人が少なからずいてくれたとは。。。
まあ、これからも独り言ちっくにつぶやく程度とは思いますが(^^;


で、そのうちちゃんとした投資論的な記事も書く予定ですが
最近良く相談されるのが「ものすごく大きな損失を出してしまい
精神的に凹んでいます。どうやったら耐えられますか?」と
いった内容です。


こうした、メンタルリカバリーはある種、投資手法そのものより
大切で難しい部分です。

投資はメンタルの浮き沈みがあると、そのまま成果の浮き沈み
にも直結します。反省は良いですが、落ち込んだり、後悔したり
タラレバを持ち出す心理にならないように自分を保つ必要が
あります。


今回は簡単に項目だけ書きますが、以下みたいな事を
念頭に、ハラオチするまで自分で考えてみると良い気がします。
というか僕の頭の中の思考回路、こんな感じです。

最近はカナ~リ厳しい状況でも、なんか冷静で淡々とできるように
なってきました。というか、勝手にこういう考え方になっていくのでは
ないかな~って思ってます。


・勝ちもあれば負けもあるのが相場

・瞬間じゃなくて全体で、勝ち負け全てのトータルで
 自分の投資を定義しよう。一言でいうと「これも相場」

・それはお金面だけじゃなくて、経験値、精神的成長
 生活の幅、選択肢が増える豊かさなども考慮しよう

・勝ちから得られるものは実は少なく、メンタルは弱まる
 負けから得られるものの方がはるかに多いし、高みに
 いくまでにはきっともっともっと負けは経験する

・失ったものじゃなくて、得たものもちゃんと自覚する
 

上記に加えて

・プラスになる事なら一杯考える。ならないならやめる。
(例)後悔したりタラレバを繰り返してお金が戻ってきたり
  自分が成長するなら一杯悔やんでいいと思う。でも
  そんなことない訳で。無益な事はやらない。

・近道は無い

・絶対も無い

・良く言われることですが、相場で唯一確定的な事は
 「この先何が起きるかわからない」という事だけ。
 先入観や慢心を排除できたなら、その成長はなによりも
 大きな資産(投資家として)


あと最後に

・負けた後は人の優しさが良く見える

・自分の優しさや素朴さにも気づける



こんなあたりを、組み合わせて凹んだ自分をカバーリングしてたりします。


でも、技術的に、というより、自然とそういう考え方になってきてます。
今は相場で勝っても負けても、何かしら得るものがあり、たくさんの経験
を得てる、という気がしてます。そういう意味ではHappyなのかな、と。


次回以降のどこかで、

「勝った時に自分を戒める項目」

も書いておこうと思います。意外とそっちの方が大事かも。



移動中の車の中で書いた乱文ですが、、、
とりあえず、難しい相場が続きましたが今年もあと3週間程度。


頑張っていきましょう!


気概と成長、そして対価

今年ももう11月後半。

今年は沢山勝って、沢山負けて、
事業も投資も人間関係でも、プライベートでも
本当にたくさんの経験をさせて頂いた一年
だったと思います。

振り返ると、失ったものの記憶の方が大きく
凹むこともしばしば。得たものも沢山あったの
だけど。

でも、それって人間ぽいというか
人間の弱さと本能、って気もします。


人は、大人になればなるほど、喪失の痛みに弱くなる。


物質的な対価や時間的な効率性、周りからの見栄えとかを
重視するようになる半面、内面の成長とか経験とか、ハングリーさ
みたいなものをあまり求めなくなる、様な気がしてます。

というか、そう思ってました。


でも、それ、なんというか「サラリーマンの理屈」だった
様な気もしてます。


僕が今、敬愛してやまない人々、友人、先輩、中には後輩や
ごくごく若いアスリートの方など、なんというか大きな対価を得る、
または生み出してきている人ほど、自分の内面や経験、そして、
自身への、自分の人生への投資を厭わない方が多い気がします。


正直、真似できないなーと思ってしまうくらい
ストイックでまっすぐで、芯が通っているイメージ。


僕も半分、感覚がやっぱりサラリーマンな部分があり
素直にそういう方の気概を間近に見ると凄いなぁと感じ
て刺激を頂いていました。


のですが、、、結論から言うと、最近、環境が自分を
強制的にハングリー側に移行させた、ような気がしてます。


気づいたきっかけはつい最近、今年のトランプショック。

なまじ大きく利益を出していた後だったこともあり、
間違いなく、人生最大のドローダウンを叩きだしました。
往復ビンタも何発食らったかわからないくらい。

しかも、1週間やられまくりながらも、経営の仕事と
プレゼンやセミナー、コンサル、と平静を装いながらも
相場を切り盛りしてました。精神修行も相当した気分。


具体的な額はここで書けませんが、でも、よく言う
「それだけ稼いだなら、一部引き出して落ち着いておけば
楽に楽しく暮らせたのに」と言われちゃう、そんな金額を
バシバシ吹っ飛ばしてました。

でも、異様に冷静でスッキリしていた自分がそこにいた。


まだまだ消化不良だけども、
今この瞬間だからこそ、書き残しておきたい。


リスクとリターンは表裏一体。

それは単純な投資上の確率だけでもなく
こういう、気概的な部分においてもそうなんじゃないかと。


1億円稼げる人は
1億円飛ばせる人、なのだとも、やっぱり思う。

そりゃー100万円しかリスクを取らずに1000万円
1億円、叩きだせたらそれは凄いことだし、そうありたい。
そうできているつもりだった時もあった。

けど、今、多くの資産を飛ばして改めて思う。

こういう場面も含めて、投資で、こういう苦難もあるからこそ、
また、こういう事をできる(しちゃう)自分だから、ここまでやって
これていたというのを自分の内側に凄く実感してます。



何度も何度も勝ち負けは繰り返してきたし
何度も何度も取り返してきた。


だから、きっとこの先も取り返すんだろう。

でも、こういうリスク、こういう気概で向き合っている事を
ちゃんと自覚しておかなきゃな、とも思う。



そして、自分自身気づいてきていなかったけど
この17年間?かな、相場でやってきて得たものは
最終的にはこの、経験と気概なんだということも。

お金なんて消えるときはすぐ消える。



むしろ、何度でも立ち直って、精度を上げつつ
きっちり取り返し、且つ、コケるたびに周りの人の
痛みも追体験というか、理解しながら、周りにも
ちゃんと優しく、相場を続けてきた。

そういう経験値をちゃーんと認めてあげねば、と
思いました。



うん、結構自分頑張ってるな、と。

多くのものを吹っ飛ばして、でも冷静に、
周りにも優しいままの自分を見て、なんか
妙に実感した、という変なお話。


勝ちまくっていた前半よりも、なぜか最近
周りの人に「穏やかな顔してるね」と言われたし
なんか、幸福感を感じているかも。
自分でも本当に思う。「変な感じ」。



おかしなもので、気持ちはやけに冷静で、むしろ
何をどうやって取り戻していくか、今は楽しみな面もあります。

相場は相場で頑張るとして、ビジネスも、もう一回り
本気で勝負、リスクテイクしに行かなきゃな、とも。




なので、これからもより一層
ストイックに、まっすぐに、でも周りに優しく
鍛錬に励みます。



で、そだそだ
一番書きたかった事。

最近、FXを始めたい人を沢山みかけるのです。
相談も沢山受けます。


確かに、僕は少なからず勝ってきていると思います。
僕よりももっともっと効率よく勝ってきている人もきっと
沢山います。

でも、恐らく、すべからくですが、多くの人が「失うリスク」
喪失感とも向き合ってきていると思います。長く相場で
生き残ってきている人ほど、それは確実に。


その痛みや、想いがあるから謙虚に、自分の行動を
律せるのだとも思います。

だから、そんな厳しさや自己修練も含めて、やりたい場合
FXは良い場です。オススメしたいです。

ただ、「お金が儲かる」その側面だけを求めて、短期間で
今の自分のままでリターンを求めていく人には、なかなか
気軽におすすめできないかな、と。


こんな乱文になってしまいましたが
こういう考え方、経験がある事も知っておいてほしいなと。


いずれ、何かしらの書籍か何かにこういうエッセンスも書きしたためて
伝えていきたいかな。そいえば、今年は僕の本が多分出るんだった。


と、そんな感じの長文記事でした。

最後までお付き合いいただいた方がいれば、幸いです。
それではまたどこかで、気が向いたら更新します。

結果オーライだったが、無秩序なトレード・・・

2016-08-28_150356.jpg

金曜日のジャクソンホールで結果的にドルは上昇。

多くのアナリストや知人ディーラーがドルを下方向に
見ている中、かなり大きなポジションをアゲインストの
ままで持ち切ってしまった。。。

結果的には良かったが、これは本当に良くない。

少なくとも、このブログで前回記事をUPしてからこの
週末までは、自分のトレードルールがあまり機能して
居なかった。ファンダメンタル的な根拠と確信的なモノを
自分なりには持っていたつもりだったが、それは、自分
の武器ではなかったはず。。。

自分のトレードは、チャートと、リスク管理とポジション
サイジングで淡々と確実に利益をあげていくというもの
だったはずで、少し、冷静にならねば、と反省してます。


ただまあ、とはいえ、何とか相場がフェイバー(自分に
とって有益な方向)に戻ってきてくれて良かった。

ドルはドル円の波形などを見ても、もしかしたら大底を
売った可能性があると思っています。

多くのアナリストや市場関係者はドル円を下方向で
見ている人もまだまだ多いので、私も安心はしていま
せんが、なんとなく、年末にかけてはドルが伸びる
可能性の方が高いのではないかと、今は、思ってます。

※というより、相対的にユーロと円が落ちる、落としたい
と政府が思っている、というか。そんな感じ。



とりあえず、9月~12月は、ここまで相場のエネルギーが
割と凝縮してきていた分、大きな相場になる可能性もあり
ます。個人的には9月の雇用統計~FOMCを受けて、本番
は10月あたりかな、と。


とりあえずこの週末は、久々に投資本を読んでメンタルを
クールダウンしたくなり、Kindleで衝動的に、マーケットの
魔術師(白本)を購入して読んでました。

※実本の方は3冊くらいこれまで買っている本だと思います。
ビル・リップシュッツの項とか好きで、読むと、初心を思い出し
ます。



そういえば、今年は私も日本実業出版社さんから書籍を
出すことになりそう。他にも色々、お話を複数の出版社さん
やFX事業者さんから相談頂いてます。


ビジネスというより、相場と相場参加者へ何かしらの恩を
返す意味も込めて、少しずつでも自分の考えを伝え残し
て行けたらと思っています。



さてさて、週明けもEUR/USD、しっかり見ていきます。
頑張りましょう。

好きな形

2016-08-16_181120.jpg

ユーロドルが約100Pips上げてきました。

イギリスのEU離脱前はユーロは底入れして上トライかなと
見てはいたのですが、以後、個人的にはユーロは下目線。

上目線でいるアナリストも結構いるみたいですが、個人的
には上がったら売りたいと思ってます。

ということで、5分足の波形(右上の赤○部分)が好きな形
なので短期で5,000枚ほどエントリー。少し前にエントリー
して書いてるので、もうデッドクロスしてしまってますが、
悪くない波形に見えます。


中長期は、他の足やオシレータ見ると、微妙かなー

上トライもあり得るので気をつけながら、ですが
短期とりあえずショートで入ってみました。



今年は都内にディーリングルームも数か所増設。

割と本気でビジネスとトレードの両立を狙って
精進してます!


今年の相場も夏枯れを超えたら後半戦。
ドル高目線なんだけどなー



とりあえず、頑張っていきまっしょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。